About Rawfood

生で食べられるお肉の代表格
「馬肉」こそ
ローフードに最適な食材です。

ディアラの馬肉はここが違います!

馬肉専門メーカーが
こだわりぬいた
食材だけを使用しています。

無添加・国内生産の
最高品質
ホースミートです。

馬肉の魅力とは
アミノ酸バランスに優れています

身体を造っていくためには「タンパク質」が不可欠です。タンパク質は約20種類のアミノ酸が集まって構成されたものです。馬肉にはタンパク質をつくるために必要なアミノ酸がバランスよく含まれています。その中には体内で作ることができないアミノ酸も含まれています。

グリコーゲンと必須脂肪酸に富んでいます

身体のエネルギー源となるグリコーゲンが牛・豚・鶏に比べると3倍以上も含まれています。さらに代謝過程で必要な必須脂肪酸も豊富に含まれています。これら必須脂肪酸は体内で作ることはできません。
牛や豚は蹄が2つにわかれた偶蹄類に属します。馬は蹄が奇数の奇蹄類に属しており、ウィルスの感染に関係する受容体細胞が異なるため、偶蹄類が感染する口蹄疫のリスクもありません。さらに馬は体温の高い動物ですので、身体の中に寄生虫や細菌が少ないのも特長です。馬刺しとして昔から食べられてきたのはこのような理由からです。

馬肉は体温が高く寄生虫や細菌類が生存しにくいのも魅力です
3つの特徴
究極のローフード!
馬一頭分の割合で配合

生き物全体を食べる

狩猟によって糧を得てきた犬たちは、仕留めた動物を余すことなく食べていきます。赤身肉だけはなく、内臓、脂肪、筋、骨、さらには腸内で消化されているものも一緒に食べてしまいます。このように生き物全体を食することで、必要な栄養素を摂ってきたと考えられます。

馬一頭分と同じ割合で配合した
究極のローフード

ディアラはこの「全体食」の考えにのっとり、馬一頭分と同じ割り合いで、赤身肉、骨、内臓をミックスしたフードを開発しました。それがディアラパーフェクト。これだけで馬全体を効率よく一回の食事で摂ることを可能にしました。

コンディションや個体差に
合わせたラインナップ

さらにディアラでは、消化を助ける繊維や酵素をミックスした進化系ローフード「ディアラパーフェクトプラス」を完成させました。また、個体差や健康状態に合わせて追加できるトッピングもご用意しました。日々のコンディションに合わせてご利用いただけます。


最高ランクの品質
人間と同じ食品レベルでの衛生管理

ディアラは馬肉専門メーカーが手がけています。衛生管理は馬刺しとして提供する人間と同じレベルで行っております。食品の安全基準もペット用のもの(農林水産省)ではなく、人間用の基準(厚生省)のものに準拠しています。徹底した衛生管理がディアラの特長です。

産地直送・真空パック

食材となる馬肉は産地から直送されて、真空パッキングされて届けられます。人間の食用にもご提供している馬肉の専門メーカーであるディアラだからこそできる新鮮さでご提供いたします。

定期的に行う製品検査

毎月1回、専門の検査機関にてチェックを行い、検査結果をホームページにて公開しております。